2011年04月27日

背中が痛いのは

もう大分前から痛いです

仕事始めた後ぐらいから。

時々 ッピンって真っ直ぐに出来ないくらい

もしや

おじーちゃん
posted by おっ君 at 05:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Ausbildung | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

ドイツ旅行 その2

ドイツ旅行4日目

ハノーファーから車で1時間半程の所にあるブレーメンに行きました。


お目当てだったブレーメンの音楽隊の銅像
R0010446.jpg

ロバの脚を触ると幸せになる とのことだが 鼻の頭もテッカテカになっていた


世界遺産のローラント像
P1040190.JPG


などなどを見た後、シュノールフィアテルという手工芸職人が集まる旧市街へ
R0010450.jpg

ここでは様々な工芸品や雑貨などが所狭しと並んでいた。

そして笑える程 大量にお土産を買う母

5日目 ハノーファー市内観光

4日間の移動で足に豆ができ痛む父の為に職場へ行き、新しい靴を買う事にした。

日本ではあまり聞かないメーカーの靴ばかりだが、何足かフィッティングをしてもらい
ピッタリの一足を購入。
母も同様に一足   と思いきやもう一足と サンダルも購入。
R0010457.JPG

その後二人は 楽になった 楽になったと 何度も何度も口にしていた。

こうゆう靴屋が日本にも沢山あれば、靴選びに悩む人も減るのになあ と
僕は改めて思ったのと同時に これから先、日本人の靴への関心を高めていく事が
僕の役目なんだな と再確認した。


その後は朝市を見て
P1040213.JPG

フリマを見て
R0010464.JPG


と とくにこれといって見る所が思い付かなかった僕は いつもの行動範囲を車で周り
取り合えず案内する事にした


6日目7日目

ハーメルンを経由しケルンへ

ハーメルンは笛吹き男の街 ドイツでは ネズミ捕り男 と言われる


地面のネズミのマークをたどって歩くと各所見てまわれる。
R0010492.jpg

笛吹き男像の前で
R0010477.jpg

R0010482.JPG




そしてケルンへ

ハノーファーではまだ食べれなかった白アスパラもハノーファーより南に位置するケルンでは
もうレストランのメニューに並んでいた。
P1040282.JPG
P1040281.JPG
いつも食事の写真を撮ろうとカメラを用意しているのだが
いざ食事が出てくると 写真の事をすっかり忘れ、結局食べかけの写真になっていしまった。

翌日はメインの大聖堂と4711オーデコロン


4711とはナポレオン軍に制圧され番地が4711に変わったことから
店の名前がそうつけられた

ここではまた大量買いの母
R0010537.JPG

R0010539.jpg

大聖堂
1248年から600年以上もかかって建設された157mのドーム
R0010494.jpg
R0010523.jpg

ケルンへは何度か行っているがいつ見ても圧倒されてしまう迫力


そしてケルン近郊のブリュールへ行き城を
見たかったのだけど休館日の為 入り口前記念撮影のみとなった
R0010553.JPG

そしてまたハノーファーへと帰路につく
posted by おっ君 at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

両親に冒険

去年の暮れから計画していました

しかし一ヶ月を切ったころ 日本では大きな地震があり、旅行どころの話ではなくなった

僕自身も家族も そして周りの人々が。

そして出発予定の一週間前頃、なんとか行けそうだ との連絡を受けた。

この状況の中 家を空けて大丈夫なのだろうかと 心配もしたが、恐らくこれが最初で最後の
チャンスだからと一生に一度の事だから と周りの人から沢山の協力を得てのことだった
のだろう。

この場をかりて   みなさん本当にありがとうございました。


さて 成田発の出発は遅れ、合わせて向かい風の為 到着時間が遅れ、乗り継ぎに間に合わず
空港に迎えに行ったがゲートから出てこず、三時間遅れで到着した両親。

何があったのかも解らずただ三時間待ちっぱなしの僕をさて置き、 なんとか落ち合った
のでした。

翌日午前 早速 僕の働く会社に行き、職場と工房を案内しました。 職場の上司や同僚は
大変な状況の中 よく来てくれた と皆々が迎えてくれました。


その場にいた幾人かの同僚との記念撮影
R0010323.JPG

その後は電車でベルリンへ向かった。
ベルリンには二泊の予定

ベルリン一日目は近場を徒歩で散策
夕食の中華料理レストランにて 米が出てきた事に父は大喜び
ドイツ旅行二日目にして(実質一日目)早くもパン食に嫌気が。

ベルリン二日目は乗り降り自由の市内観光バスを使って名所を見て回った。

チェックポイントチャーリー
第二次世界大戦後、西と東に分断されていた時代の国境検問所とその博物館
R0010374.JPG

博物館では東から西へと有らゆる手段で脱出を試みた記録などが展示されていた。
その後はブランデンブルグ門やベルリンの壁、ユダヤ人博物館などを見学。

ベルリン三日目 レンタカーを借りて森鴎外博物館を周り、ベルリンから30km程派離れた
ナチ時代のザクセンハウゼン強制収容所へと向かった
ここは3、4年前に映画化された『ヒトラーの偽札』が舞台となったところ。

敷地内には当時の様子や拷問具の展示、人体実験室などが当時の状態のまま残されていた。

また贋札作成の記録なども残されていた。
そもそもの理由は イギリスポンドの贋札を大量に作り、
イギリスの経済を攪乱させる目的だったらしい。

ちょうど春休み期間で沢山のドイツ人学生が訪れていた。
先生の説明を聞き、その場にしゃがみ込み泣きじゃくる生徒や、
放心状態の様になり同然と立ち尽くす生徒などの様子が見受けられた。

ポーランドのアウシュビッツ強制収容所に行った時の事を思い出した。
その時は国旗を掲げたイスラエル人の学生団体を見たんだった。

僕の中になんとも言葉では表す事の出来ない感情が込み上がってきた。



その後、初めてのアウトバーンにドキドキしながらハノーファーへと向かった。
速度制限がないの恐ろしいもんで スピードの感覚が狂う。


R0010433.JPG
流石に160km/hは普段ではなかなか出せないが
100や120は少し遅いくらいに感じられた。


そうそうこれが借りた車
R0010528.JPG

チッチャイでしょ。


つづきは また後日。
posted by おっ君 at 06:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

最近どうなっているんだろう

ネット上での日本のニュース無料放送サービスも終わってしまい、ネットのニュース欄でも

災害の記事が少なくなってきた。

友達からのメールでは、少しずつ日常の生活に戻りつつある と聞く。

しかし、今も尚毎日の様に余震がある とも聞く。

原発の問題も 結局の所どうなっているのかハッキリしない。


この前こんな話を耳にして ゾッとした。

今度の震災は人工的に起こされた地震だったのではないか と。

なぜ何の為に? 色々調べてみたがやっぱり理解できない。

人の命って とっても尊くって本当に掛け替えのないものだと思うんだけどなあ


もしあの話が真実だったとししたら
それを起こした人達が逆の立場だったら
あなた達はどう感じるのだろう
家族や友達や周りの人は やっぱり心配するし悲しむと思うよ
posted by おっ君 at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

義援金

職業訓練校へ寄付金の呼掛けをしたいと申し出た。

学校側の提案で ただ寄付を集めるのではなく、休憩時間にワッフルを焼いて売り上げを
寄付しよう  という事になった。

少しでも楽しみながら とドイツ人らしい考えかもしてない。

また僕自身も 少し気晴らしになり、そして沢山の仲間が日本の被災者の為に協力してくれていると 改めて知り、感謝の気持ちでいっぱいだ。

沢山の教員が休憩の度に来てくれ、何度も何度も買っていってくれた。
その度に励ましの言葉をかけてくれた。

たまたま 福島出身の僕がそこでお世話になっている という事なのだが
国を越え、人種を越えて また言葉の壁を越えて 今沢山の人達が日本を助けてくれている。

僕もいつか、何かのかたちで返していきたい
posted by おっ君 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ドイツ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。